世田谷区下馬の葬儀・葬式なら永世祭典へ eiseisaiten.131@tbk.t-com.ne.jp
HOME>永世祭典ブログ

永世祭典ブログ

不思議なシクラメンです
 


花が二重になって 今年はじめて出た様です

永世祭典の入口に飾ってあります

ぜひ見にお立ち寄り下さい

お待ちしております

投稿者 株式会社永世祭典 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
当社の愛犬です


当社 永世祭典でも、可愛いペットを飼っています。

名前は、ジュリー君で~す。

社員全員、動物が大好きです。

どうぞ、ペットの葬儀もご心配なく

永世祭典に、ご相談ください。





投稿者 株式会社永世祭典 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
マーガレット
 l
 



  会社の玄関にきれいなマーガレットが咲きほこっています。

 どうぞ、通りがかりに見ていって下さい。そして、よろしかったら、

 お立ち寄りしてお茶でも召し上がって下さい。
投稿者 株式会社永世祭典 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
遺族年金と厚生年金

ご家族の誰かがお亡くなりになった場合、故人様が健康保険もしくは、国民健康保険に入っていた場合、ご遺族は埋葬料・葬祭費を受け取ることができるというお話は既にお伝えしました。

今回のブログは、遺族年金厚生年金についてお知らせします。

国民年金に加入中の方がお亡くなりになった場合、その方によって生計を維持されていた「18歳到達年度の末日までの間にある子(障害をお持ちの方は20歳未満)のいる配偶者」または、「子」に遺族基礎年金が支給されます。

(詳細は、お住まいの地域にある管轄の年金事務所にお尋ねください)

遺族基礎年金を受けるためには、亡くなった日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の三分の二以上の期間について、保険料が納付、または免除されていること、または亡くなった日のある月の前々月までの一年間に保険料の未納が無い事が条件です。



厚生年金に加入中の方が亡くなった場合(加入中の傷病がもとで初診日から五年以内に亡くなった時)、その方によって生計を維持されていた遺族(1、配偶者または子、2、父母、3、孫、4、祖父母の中で優先順位の高い方)に遺族厚生年金が支給されます。

遺族厚生年金を受けるためには、遺族基礎年金の保険料納付要件を満たしていることが条件です。

子のある配偶者または子には、遺族基礎年金も併せて支給されます。なお、子は遺族基礎年金の受給の対象となる子に限ります。

詳細は、管轄の年金事務所にお尋ねください。

 

投稿者 株式会社永世祭典 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
年金受給者の方が亡くなった時・・・


年金受給者の方がお亡くなりになった場合、年金を受ける権利がなくなるため、年金事務所に年金受給権者死亡届の提出が必要となります。

死亡の事実を明らかに出来る書類(戸籍抄本、死亡診断書のコピーなど)を持参してください。

未支給年金がある場合、亡くなった方の年金証書、亡くなった方と請求する方の身分関係が確認できる書類(戸籍謄本)、亡くなった方と請求する方が生計を同じくしていたことがわかる書類(住民票の写し)、受取を希望する金融機関の通帳が必要です。


未支給年金を受け取れる順位は、年金を受けていた方が亡くなった当時、その方と生計を同じくしていた、

(1)配偶者 (2)子 (3)父母 (4)孫 (5)祖父母 (6)兄弟姉妹 (7)その他(1)~(6)以外の3親等内の親族となります。

詳細は、年金事務所にお尋ねください。 

 

 

投稿者 株式会社永世祭典 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
   
3